イタリア後記 : Italy ( JP & EN )

皆さまお元気ですか?

わたしはとっても元気で過ごしております。

Hello ladies and Gentlemen.
How are you ?   I’m good.

2月に入り、イタリアのトレヴィーゾと言う地方で踊って来ました。イタリアを知ってる人でも知らないこの地方、ヴェネツィアから車で30〜40分、電車とバスで1時間位の場所にあります。

In February, I paformance  in the  Treviso in Italy. I think, little countryside ?
It is 30-40 minutes by car from Venice and 1 hour by train and bus.

今回の会場はキャバレーなどではなく、お店になるのかな。とにかく大きい、広い、そしてオーナーも犬も大きい(笑)。イタリアと言うより、アメリカンな雰囲気のお店です。

奥にレストラン、横にバー、そして週末のステージはショーの他にライブなどもやっています。

This venue is not a cabaret but a shop, shop?  I don’t know, how name.

Anyhow big, wide, both owner and dog are big . It is a store with an American atmosphere than Italy.

A restaurant in the back, beside the bar, the weekend stages are live as well as Burlesque.

ちなみにこの広さで、週末は超満員。素晴らしい〜! お客さんは早い時間に来て、ご飯を食べてバーに移って飲む人が多いんだとか。

Over the weekend is always full! Great !  Dine in the restaurant at the back and drink at the bar.

わたしも何度かここで食事を頂きましたが、とにかくデカイ(EUは何処の国でも料理が大きいです)。そして美味しい。これ重要ですね。ちなみに写真はお肉のサンドイッチ。違うものを想像して適当にオーダーしたら、これが出て来たの(笑)。

I have had a meal here several times, but it is big anyway (EU is big in any country).
And it is delicious. This is so important.
The picture is a meat sandwich. Imagine a different thing and ordered properly, this came out 😂

そして金曜日。勿論超満員〜! 素晴らしい。大体いつも着物の希望が入るのですが、わたしは条件によりけりで衣装を変えています。今回の着物はさくっと。イタリアンカラーにはしたけど、花魁ではありません。

実は今回、条件が悪かったので到着するまで乗り気じゃなかったのですが(一度断ってる)、オーナーを始めスタッフ一同が物凄く歓迎してくれて、結果行ってよかったなと思えました。

And Friday we do paformance. Of course, it is full!  Great!!

そして…金曜日は到着した午前中からプロセッコ(イタリアのスパークリングワイン)を頂き、出番前にテキーラを飲まされ、ショーの合間とショー後にもオーナーに飲まされ、合間にスタッフにも飲まされ、数年ぶりに飲み過ぎて死にました(笑)。楽しかったけど、酷かった😂

And … … On Friday we got prosecco (Italian sparkling wine) from the arrival morning, we drink tequila before the show, we were drink by the owner between shows and after the show, drink by the staff in between, after a long absence I drank too much and i’m ded ….😂

翌日。二日酔いで目が回ってたけど、わたしは電車で一人ヴェネツィアへ行って来ました。近くだし、死んでる場合じゃない。普段、わたしは観光はあまり好きではないのですが、イタリアは別。しかもヴェネツィアなんて観光客だらけ。それでも一度は見ておきたかった水の都。

Next day. My eyes were turning 💫  due to a hangover, but I went to Venice alone by train. It’s near, it’s not a dead situation. I usually don’t  like tourism, but Italy is different. Besides, Venice is full of tourists. Still one of the city of water that I wanted to see.

ヴェネツィアをさくっと調べてイタリアンレストランへ。二日酔いだったけど、まぁ……飲みました(笑)。

ここではあさりのパスタを食べたけど、スーパー美味しいと言う訳ではなかったかな。美味しかったけど、感動のない美味しさ。

I briefly research Venice and went to an Italian restaurant. It was a hangover, but … well … I drank 🤭

I eat pasta here, but I guess it was not saying super delicious. It was delicious but not so special.

この日は生憎雨だったのですが、それでも18時位までぶらぶらしてたかな。ブーツが濡れて、中まで濡れて寒くなってきてようやく帰った感じ(笑)。数時間じゃ回れず、ほんの一部見て歩いただけでしたが、今度はゆっくり来ようと心に決めたのでした。

人々はロマンティックパリ、と言いますがわたしは個人的にイタリアの街の方が数倍ロマンティックだなと思いました。わたしがイタリア贔屓なのもあると思うけど(笑)。

It was rainy on this day, but I wonder if it was still around 19 o’clock. Feeling that the boots finally got wet, getting wet and getting cold finally (haha). Although I could not walk for a couple of hours, I just walked and saw just a part, but I decided to come slowly next time.

People say romantic in Paris, but I personally thought that Italy is several times much more romantic.

お店に帰ってきてご飯を食べたら、夜はスカのライブがありました。この日も見事に飲まされたけど、2日も続けて死んでたまるかと早々に退散。

I came back and had dinner, there was a ska live at night. I was drunk admirably this day, but I do not want to die for two days so I quickly dissipate.

そして最終日の日曜日。近所にイタリアンレストランはないかと調べ、地元の人しかいないイタリアンレストランでリベンジ。ここはなんと大ヒット! スタッフは英語話せないし、わたしはイタリア語話せないけどレストランなどはなんとかなるものです。今回ここが1番美味しく、まさに感動しました。

しかも安かった。シンプルで美味しかった。カニのパスタを食べたんだけど勿論パスタは手作り。同じメニューでまた食べたいけど、難しいと思う😩

And last Sunday. I checked out if there was an Italian restaurant in my neighborhood and revenge with an Italian restaurant, there are only locals people. What a big hit here!
The staff can not speak English, I can not speak Italian, but the restaurant will do something. This time Italy was the most delicious here, I was touched….!!!

It was also cheap. It was simple and tasty. I eat crab pasta, but of course pasta is handmade. I want to eat again with the same menu, but I think it is difficult.

夜は疲れた肌に効く1枚。イタリアンコスメブランドKIKOの潤いパックで肌チャージ。このパックはとてもいい仕事をしてくれましたわ🌹

それにしても満喫してしまいました、イタリア。とは言え、イタリアのほんの一部ですが。

わたしは多分、ヨーロッパで一番イタリアが好きだと思います。キッチン、美しい革製品達、ロマンティックな街並み。でもパリより治安が悪いので住みたくはありません(笑)。

次回はミラノに行って、買い物三昧したいものです。ちなみに。イタリアの革製品、バック、靴、手袋はどれも素晴らしく美しい。わたしは昔から圧倒的に大好きで、ここ数年はイタリア製のバッグしか使っていません。ヴェネツィアにもMade in Italyと書いたバッグは沢山売ってたけど、ヴェネツィアのお店は残念ながらほとんどが中国製だと思います。

フランスに行った事がない人は、パリだってお洒落でしょ?と言います。でもね、パリは意外にお洒落じゃありません。パリがお洒落なのは、オートクチュールとファッション界隈のみ。ほとんどの人はカジュアルだし、服にお金をかけません。お金をかける場所は圧倒的にホリデー(笑)。わたしはパリのあちこちのお店を見て回ったけど、ぐっと心掴まれたお店や服はほとんどありませんでした。勿論一級品の靴や帽子は美しく、かなりハイクラスなお洒落だと思うけどとても買える値段ではありません(心は鷲掴みだけど)。お洒落な人も勿論いるけど、ごく一部。そして人もファッションも意外に保守的なのです。

あ、でもナチュラルに、お金をかけずシンプルに見せるのはフランス人はとても上手だと思います。

イタリアは、何よりも人々がお洒落好きだし、見せるのも好き、人もファッションも遊び心も沢山あるし、売ってる服やバッグも高くなくて素敵な物が沢山あります。気取り過ぎてなくてお洒落な商品も沢山あるし、勿論気取ったハイクラスな商品も沢山あるし、エレガントからカジュアルなものまで選べちゃう。

好みもあると思いますが、わたしは圧倒的にイタリアのお洒落が好きなんですよね。

At night, it works on tired skin, skin charges with moist pack of Italian cosmetics brand KIKO. This pack did a very good job.

It is a small part of Italy but it has enjoyed it.

I think probably I like Italy the best in Europe. Kitchen, beautiful leather goods, romantic cityscape. But I do not want to live😂

I want to go shopping in Milan next time. Italian leather goods, bags, shoes, gloves are all wonderful and beautiful. I have loved it for a long time and I have only used Italian bags in recent years. I also sold a lot of bags that Made in Italy wrote in Venice, but unfortunately most of the shops in Venice are made in China.

Have you never been to France, even Paris is fashionable? Is called. But Paris is not stylish unexpectedly. Paris is fashionable only for haute couture and fashion areas. Most people are casual and I do not spend money on clothes. The place to spend money is overwhelmingly holiday. I went around watching the shops around Paris, but there were few shops and clothes grabbed so much. Of course the first-class shoes and hats are beautiful, I think they are pretty high-class fashionable but it is not a price that can be bought very much. Of course stylish people, but only a small part.
And people and fashion are surprisingly conservative.

In Italy, people like fashion and most, most like people to show, fashion and playfully there are plenty, and clothes and bags they sell are not expensive and there are lots of nice things. There are lots of stylish items that are not overly pretty, of course there are plenty of high-class products that are airy, and you can choose from elegant to casual things.

I like Italian fashion overwhelmingly🇮🇹

そして今回、短いながらもYouTube動画を撮って来ました。また後日アップしたいと思いますので、どうぞお楽しみに!

And this time, I took YouTube videos for a short time. I’d like to upload it again later, so please look forward to it! ( But only Japanese…..sorry )

また近々お会いしましょう。See you soon……!!!

スキンケアとメイクと髪の毛の話:Only JP

寒い時期なのに、あんまり寒くないパリ。通常の気温じゃない!と聞いております。

勿論寒い日もありますが…。

皆さま、いかがお過ごしですか? すっかり師走ですね。

書かない書かない! と思っていたけど今回は書いてしまおう基礎化粧品のお話です。女性向けではありますが、男性もお好きな方は是非読んでみて下さい🌹

●スキンケア

フランスに来て、まず使い始めたのがBiodermaの拭き取り。ですが使い始めて2本目位で秋となり、硬水とさらなる乾燥で顔の皮が広範囲でベロベロと剥けてしまいました(ヨーロッパは一年中乾燥しています)。
エステをやってるお友達とこの話をしてたんですが、Biodermaは日本人には強すぎるのよ、との事。するりと落ちるのでとても優秀ですが、強くて皮膚が負けるものは論外。すぐさま使うのをやめました。
今でも使っていますが、今は完全にアイメイクのみ。

そして、メイク落としや洗顔はなんと日本から持って来た物を使っています。フランスに来て実感しましたが、日本のコスメや化粧品の優秀さと言ったらありません。安くて、クォリティが高い! フランスも高い物にはいい物もありますが、基本安めの物はあまり良いとは言えません。優秀だけど強いとかね(笑)。あとはあるかもしれないけど試していません。わたしはどうせ試すならフランス製より断然ドイツ製!
(ドイツはオーガニックかつ優秀で信頼度も高く安い)

でも日本でも有名なフランスのブランドAvene は優秀だと思います。そこまで高くないし、必要以上の個性がなくて優秀。

わたしは現在、日本で1年分買って来た手作りクレイソープ、そしてストックで置いてあるホットクレンジングジェル(以前使ってた日本製)、Aveneウォーター、そしてドイツのオーガニックブランドであるMartina Gebhardt 保湿クリームのみ。このクリームは日本で買うと高いけど、こちらで買うと1500円位でしょうか。安くて保湿力がかなり高いので重宝していますが、乾燥肌じゃない方が日本で使うには少し重たい気もします。一通り使ってみましたが、クリーム以外は重すぎずしっとりしてるのでオススメです。
わたしは人より肌が薄くて弱いので、とにかく保湿、そして刺激しない様にしています。今ではとってもシンプルなお手入れになった気がします。
身体の保湿ケアはホホバオイル、もしくはドイツ製のオーガニックボディミルクのみ。ボディソープも部分的にしか使いません。それに加えて10日に1度位は蜂蜜&砂糖のスクラブパックをしています。顔はともかく、身体は日に焼ける事もないし、今も真っ白でもちもちした肌を保っています。

そして! 使ってるスキンケアはどの製品にも香料がありません。香りに敏感なわたしにとって一番重要な事なのです。なので香りを好まれる方には合わないかもしれません。

手作りクレイソープは、肌の角質を育てる石鹸、顔にも体にも使えてメイクも落とせる優秀さ。わたしは勧められて使い始めましたが、今では手放せない一品です。ちなみにお友達でパリ在住のゴッドハンドエステティシャン(VOGUEにも載ってます)、彼女にプレゼントしてみたらとても絶賛していました。ちなみに彼女は近々YouTube舞子の部屋のゲスト予定です🌹

あとは毎日の日焼け止め、週に1回もしくはイベントやショー前にやるパック位でしょうか。パックは以前、日本にいた時は1日2回化粧水代わりに朝晩毎日使っていました。長年、そして冷蔵庫完備。これがよかったみたいで、通ってた皮膚科でも会う人々にも肌の綺麗さを褒められます。と言っても過去に長年煙草も吸っていたし、シミやそばかすなんかもありますけどね。全て綺麗に取って機械的にツルンとした肌ではありませんが、中々綺麗な方だとは思います。ちなみにフランスには日本に売ってる様なパック1ヶ月分、みたいなのがありません。日本から持って来たのはまだ残っていますが、今では毎日使えなくなってしまったのがわたし的に1番残念です。
あとはビタミンC、Eなどを飲む、フルーツをよく食べる、ストレスを溜めない、適度に運動、よく食べる。

今は日本にいた時よりも、あまり気にしなくなりました。皮膚科に頻繁に行けないし、パック出来ないし(笑)、とにかく保湿と日に焼かない事だけです(夏に焼けちゃったけど対策はしました)。

 

●女の命と呼ばれる髪の毛

長〜〜〜い事長かった髪も、飽きたのと今の顔にフィットしなくなってきたので思い切ってバッサリ切ってきました。日本髪が出来るギリギリラインの長さです。
カツラで何度かイメトレし、以前からしたかったボブに前髪!! スーパー日本的(笑)。
日本にいたら絶対切っていませんが、ここはパリ。周囲からの評判は上々でとても嬉しいです。

切った髪の毛は寄付するつもり。少しでも人の役に立ちます様に。

そんな髪もこちらに来てすぐ痛みましたが(硬水で)、今ではツルツルの艶々です。切る前は髪の毛もよく褒められていました。でも髪の毛で気をつけているのはごくわずか。よくショーで髪の毛を巻いたりしていたので、毎日洗わない(硬水というのが大きい)、少し素敵なトリートメント剤を使う(日本にいた時はシャンプーのみいい物を使ってました)、ドライヤーは7割位乾かしたら後は冷風3割位で使用、自然乾燥をしない、濡れたまま寝ない、ブラッシング、でしょうか。

これだけで十分艶々になる気がします。

今使ってるシャンプーとトリートメントはフランスのKLORANEと言うブランド。髪質別に色々種類があって、凄く優秀です。

 

●メイク用品

まずステージ用と普段使いが違います。ステージ用のベースはクレイソープの発売元であるスカーレットさんの所で揃えた物。写真の左からコンシーラ(ハイライトとシャドウ)、ベースのファンデーション、そして右端は普段使いのパウダー。どれもお手頃価格で優秀、かつお肌にも優しいです。ちなみにハイライトやシャドウもステージの時しか使いません。
スカーレットさんのステージメイク用品(他色々あります)

普段使いはこちら。左はミシャのクッションファンデ。韓国コスメで、プチプラかつとっても優秀、そして何よりわたしに嬉しい保湿力とSPF50! これは普段使いでずっと愛用しています。

右側のN.Y.C(ニューヨークカラー)パウダーは完全にステージ用。マットで崩れず、とても滑らかでテカりません。普段用には向いてないけど、ステージ用にはとても優秀です。

アイライナーやアイシャドウ、アイブロウなどは結構色々買って変えたりするので、ここのやつがオススメ!というのはありません。ちなみに普段用とステージ用は違うものを使っています。
ただ、日本にはないけどイタリアはミラノのブランドKIKOが発色が良くてプチプラでオススメではあります。ファンデや肌ケアは日本人向きではありませんが、マニキュアや口紅、アイシャドウやアイライナーはとても発色が綺麗です。HPは日本語はありませんが、オンラインもあるし見てるだけで華やかな楽しいサイトですよ🌹

そしてよく聞かれる口紅ですが、残念ながら全ての人に合うとは言えません。何故なら赤は人の皮膚の色によって似合う色が微妙に違うから。

そして以前、舞子さんがしてる赤の口紅が欲しい〜!と言われて教えた事が何度かありましたが、つけてみたら似合わなかったと言うのもよく聞きました。

わたしの長年の愛用はペンキの様な発色でマットな LA DIAMOND 。物凄く濃くて落ちにくく、ステージには欠かせません。色はご自分に合った物を探して下さいね💋

ちなみにリップクリームを塗ると唇にとってもいいのですが、ステージの時はわたしはつけないんですよね。何故なら落ちやすくなるから。その代わり、その後はお風呂で気軽に出来る蜂蜜&砂糖のスクラブパックや、唇パックなどでケアしますが、やはりヨーロッパ。すぐ!乾燥しちゃいます。

普段用の口紅は色が違う赤をいくつか持っていて、ブランドもばらばら、気分や装いによって使い分けています。いつもつけてるわけではないので、あまり新しく買う事もありません。

最後に。これが1番よく聞かれる香水。これも口紅と同じで、同じのを買ってみたけど香りが違う、と聞いた事があります。香水は人の体臭によって変化し、その人の体臭と合わない香水をつけると香水だけ浮いて妙にキツイ香りになったりします。馴染まないんですよね、香りと体臭が。

でもごめんなさい。香水だけは企業秘密。一般的なブランドの物ではないんです。

今愛用してる香水は自分の体臭にもキャラにも合っているので、もう長年同じものを愛用しています。

自分に合った香水を見つけるが1番難しいかもしれませんね。

如何でしたか? 以外にシンプルでしょう? 実は凄く面倒臭がり屋だし、あまり色々つけるのも好きじゃないし、肌も弱いし、お高いスキンケア用品は続けられないと意味がありません。そんなわたしが辿り着いたのはシンプルかつ優秀で肌にいいもの。自分の肌や顔に合ったスキンケアやメイクはみつけられるまでにも時間がかかるし、年齢と共に変わっていきます。逆に20代の頃はどれが自分に合ってるのかもわからず、ブランドの高いスキンケアとメイク用品ばかり使っていました。スキンケア一式手作りしてた時期もありました。

色々な経験を経て今があります。その時その時を少しでも大事に出来たら、とても素敵ですよね🌹

また近々お会いしましょう。See you soon….!

©2010-2019 Maico Tsubaki

Paris Burlesque Festival

11月なのに暖かい…と言う日々が続いております。

皆さま、如何お過ごしですか?

パリに来て、時間があるのとミシンがあるのと着たい服が全くないので、最近は自分の服も自分で作ったりしています。器用だわ、わたし😄

よくパリはお洒落でしょう? 何処に行けば素敵な服が売ってるの?と聞かれますが、実はあまりありません。
トップブランドが好きな方だったらブランド物だけの古着屋が沢山あり、トップブランドじゃなくてもフランスやヨーロッパのブランドのお店でしたら、素敵な服は沢山あります。でも物凄く高い。
クラシカルやピンナップスタイルはイギリスやUSの方が本場ですよね。パリはほとんど皆無。お店があったりしても凄く種類が少なかったりとか、そもそもお店自体が少ないです。
わたしはピンナップスタイルは好きだけど、自分が着るとなると少し子供っぽいのであまり好きではありません。なのでクラシカルかつエレガント、そして大人の女性が似合いそうな服を自分で作り始めたと言う訳なのです。
素人だけど自分だけが着るのだし、楽しんで色々作っています💕

さて。今週日曜日は Paris Burlesque Festival があります。
わたしは今回花魁Burlesqueをやるのですが、なんとFestivalだと知りませんでした(笑)。

場所はセーヌ川のほとり、船が会場✨ セーヌ川のほとりの船で花魁をやるなんて、とても素敵だと思いませんか?

Photo: Oliver Lins

通常、他の国のBurlesque Festivalはエントリー出来て毎年10月に行われるのですが、ParisのBurlesque Festivalは多分大規模ではなく、こちらに住んでる人を集めた形だと思います。

わたしは是非着物スタイルでやって欲しいと依頼を頂いて出演となったのですが、少しだけ時間もあるし襦袢作ってみようかな〜なんて考えて作り始めましたが、まだ終わっておりません😅

そんなBurlesque Festival、再び後日談をアップしたいと思います。

どうぞお楽しみに!

また近々お会いしましょう。

See you soon !  à bientôt !

 

October

Hello Guy’s, Bonjour Musash et  Madam.

How are you?  I wish you a wonderful day🌹

 

In October I will go to Hamburg Germany with a cast to the Home of Burlesque. 

 

I am very excited!

Tickets can be purchased even on the day.

I am looking forward to meeting you💋

 

See you soon…..🌹

気を付けている事。

8月に入りましたね。

8月に入ると残暑だなーとしみじみ思います。8月の方が暑さが厳しい、と言うか7月からの8月なので身体が厳しいんでしょうね。わたしはフランスの夏が初めてなんですが、湿度がないとは言え、若干バテて参りました。

皆さまもどうぞお気を付けて。

先日、友達がTwitterで #海外生活で驚いた事 と言うのを挙げていました。わたしも自分の環境をふと考えたんですが、驚く事がほぼ見当たらない。海外なので文化や違いがあるのが当たり前、不便も当たり前と思って来ているので、あまり驚きがない…🙃 驚きがない事に驚いた位であります。

と言うもの、わたしはあちこち地方に行って仕事をしていたので、日本でさえ場所が変われば色々違うんですよね。日本語と言う言葉こそが同じものの方言も違うし、仕事で呼んで頂いてる相手側の仕事の仕方も違うし、東北と南国では微々たるものですが生活スタイルも食べ物も違いが出て来ます。そんなジプシー生活が長かったので、生活環境の変化への対応が早いのです。


驚く事はあまりないけど、日々気を付けてる事は多々あります。何故ならヨーロッパはスリが多いから。
(以前も書いたかもしれないけど)
パリに住んでるわたしの友達の友達が階段から突き落とされてバッグを持って行かれたり、電車を乗ろうとしたら前のいる人が止まったので、早く乗ってよーと伝えて電車に乗り込んで気が付いたら財布がなかった、とか。10年近く住んでる友達も先日ついにやられたわ、と聞いたり、観光で来てた日本人の知人が3人もやられてたり。勿論悪い人ばかりではありませんが、気を付けるに越した事はないな、と出掛ける時は日々周囲に気を配っています。すぐ後ろに人がいたら離れるとか、近付き過ぎない、とか。
あとはお世話になってるマダムに、スリにあった事ありますか?と聞いたら、夜の電車の中で男性2人組みにナイフを首に当てられた事があって、黙って財布と携帯を渡したけど、しばらく震えが止まらなかったわ、と話していました。
ヨーロッパに行かれる方は、スリ、人気のない時間帯の移動などにどうぞお気を付けて(人気のない時間は避けた方が懸命です)。

スリもそうですが、先日パリでこんな事件がありました。痴漢もセクシュアルハラスメントも今や世界の問題。しかも逆上で暴行なんて、本当に身勝手な犯罪。
わたしも先月、人が少ない地下鉄で真向かいに座った男に声をかけられ、嫌だったので離れようとすぐ席を立って男の前を横切った時に、太腿を触られました。この時は人が本当に少なくて、ムカついたのもあるし怖かったのもありました。何か言ってやればよかった、と後で思ったけど、その時は何も言えなかったんですよね。でも悔しかったなー。
あとはパリで本当に多いな、と思ったのがキャット・コーリング。

「キャット・コーリング」=男性が道行く女性に言葉でセクハラしたり執拗に連絡先を尋ねてデートを迫る

これはね、たった2ヶ月でうんざりする程あります。モテるじゃん〜などと言われましたが、そう言う問題じゃないんですよね。人気のいない場所でしつこくこれをやられると、結構な恐怖です。しかも後をつけられた事も何度かあります。声かけられて嬉しい人もいるかもしれないけど、身の危険にしか繋がらないのでわたしは本当に嫌いです。

なので、東京にいた時の様なお洒落は必然的にしなくなりました。
スカートも一時期履いていたけど、スカートを履いてるとキャット・コーリング率が高いなと思い、やめました。ハイヒールも同じく。人と一緒の時でお出掛けの時だけたまにお洒落しますが、身の危険を感じるので必要以上の肌の露出もしなくなりました。海外に来ると自分が外人になるので、派手な格好をしてると悪目立ちするしアジア人でさらに狙われやすくなるし、非常によくありません。

こんな事を書くと、ホラ!海外は危ないよ〜など言われそうですが(日本ではよくよくネガティブな事を言われました)、どの国でも危険はあると思います。何も知らずに越して来た訳ではないので、過剰な心配はいりませんよ😉

悪い事ばかり書いてしまったけど、いい所も勿論沢山あります。
今の所わたしの周囲には親切な人が多く、街行く人は紳士な方も多いです。
あとは目が合うと大体の人が微笑むんですよね。子供も若い子も女性も男性もおじいちゃんもおばあちゃんも。何だか素敵だと思いませんか?
あとは知らない人がよく話しかけてくるんですよね。
電車が止まった時に隣の人が話しかけて来たり、バスの中であなた何処から来たの? フランスはあなたにとってHappy?とか聞かれたり、TATTOかっこいいね〜と通りすがりに言われたり。白い目でジロジロ見られたり、あの人怖いわなんてコソコソ話をされる事はまずありません。

そう言えばありました、驚いた事。

割とみんな子供が好き、子供に凄く優しい! 例えば赤ちゃんや子供連れて買い物に来たお母さん、ではなくて子供に話しかけてるショップスタッフやガードマンを沢山見かけました。これは本当に素晴らしい事🌹
赤ちゃんが電車で泣いても、怒る人も注意する人も舌打ちする人も勿論いません。
満員電車やバスにベビーカーが来ても嫌がる人もいなく、妊娠した人が来れば誰かがすぐに席を譲っています。勿論、おじいちゃんやおばあちゃんが乗って来た時も然り。わたしのパリの友人に子供がいるので、会ってる時はいつも一緒なのですが、3人で歩いていても通りすがりに可愛い子ね〜と声をかけられたりしています。
わたしが抱っこしていた時も、赤ちゃんを抱っこしていた若きお父さんに話しかけられたり。
何だかこういうのって、人として自然な感情ですがわたしは嬉しいし楽しいなと思うのです。

日本は勿論、どこの国でもいい人いるもし悪い人もいますしね。

そう言えばドイツのベルリンもよくよく行きましたが、お隣の国なのに雰囲気が全く違う。いや、違う国なので当たり前なんですけど。ベルリンに限っては、かなりピースフルな印象です。パリは在住の日本人が意地悪だな〜と思う事がありましたが(勿論いい人も沢山います)、ベルリン在住の日本人は絶対そんな事ないんですよね。わたしがベルリン贔屓なのもあるかもしれませんが🙂

ただ。どこの国に行ってもわたしは外国人であり、アジア人。差別もあるし、女性の意地悪や嫉妬なんてのも割とざらにあります。差別や意地悪は人として悲しく思いますが、怒る事はあるものの、もうあまり気にしないように生活しています。
短い人生、残りの時間を強く美しく生きたいものです🌹

さて。先日パリのモデル事務所に所属しました。こちらでの所属事務所が欲しかったので、いい所が見つかって一先ずよかったです。お仕事が入ってくるかどうかは別として(笑)。他の事務所にも入ると思うので、お仕事が入ったらまたお知らせしたいと思います。

それでは皆さま、また近々お会いしましょう。å bientôt!

学校や言語や環境のお話。

日本の夏は今年、猛暑だとネットで見ております。

災害も被害が大きかったし、政府が一刻も早く対応して頂ける事を切に願っております。

夏バテやお身体にはどうぞご自愛下さいませ。

皆さまこんにちは。

フランスも中々暑いですが、昼間のみ。朝晩は過ごしやすい涼しさとなります。何て言ったって何処の家にもクーラーがない。クーラー要らずな土地と言う事ですよね。

(デパートやお店なんかには時たまついてる)

さて。長かったわたしの夏休みが終わり、7月よりフランス語学校が始まりました。平日は毎日学校へ行き、家に帰って来たら予習、と言う毎日が続いております。授業の内容もスケジュールもめちゃくちゃハードですが、理解できた瞬間の感動と楽しみは、なんとも言えません。とは言え、まだまだ話せるレベルではありませんけどね。

わたしが通っている学校は、大学ではなく語学学校。実に様々な国の人達と一緒に授業を受けております。大学だったら日本人もいたでしょうが、この語学学校、なんと日本人が一人もおりません!
アジアは韓国の方がほとんど。あとはシリア、コロンビア、アルメニア、ベネズエラ、ロシア、ペルシャ、チリ、などなど(他のクラスはわからないけど日本人は見た事ない)。こんなに多国の人とコミュニケーション取る機会なんてないので、日々楽しんでおります。

びっくりしたのが、同じクラスの子の半分はフランス語を話せる事。そしてみんな頭が良い。全くメモを取らずに授業を受けてる子もいます。そしてわたしのクラスはわたし以外、なんと全員20代😂
わたしが最年長ではありますが、ここはフランス。年齢は全く気にせず授業に勤しんでおります。ただ、年齢を聞かれて答えたら、物凄くびっくりされました(笑)。ヨーロッパで日本人は若く見られるものね。嬉しい事です。

日本語を話す機会がぐっと減り、学校に日本人がいなくてよかったかな。日本人がいたら日本語を話してしまうもの。パリの日本人の友達とたまに会う時以外、今は全く話さなくなりました。メインで話す言語は英語、そして取得したらフランス語がメインになる、と言った感じでしょうか。

よくパリは英語通じるんでしょ?と言われますが、中心部のレストランやカフェ、観光スポットなどは通じると思いますが、同じパリでも人により、場所により。でも以外に皆さん、話せません(わたしが接してる環境で思った)。話せるけどカタコト、もしくは英語ベラベラか。

生活は勿論、仕事をしていく上ではフランス語は必須。フランス語を学んで話すのは、フランスへの敬意だとわたしは考えております。

わたしはこちらに来て、あまり観光をしていないので自分の生活に必要な場所で接して、そう思いました。例えばジムの受付とか、ダンスクラスの受付とか、マーケットとか。ちなみにわたしが住んでる家の近所の方達は皆さんカタコト。話せるけど少しだけね、のスタンスです。

そして学校始まったよ!とご近所さんに話したら、みなさん大喜び。TV見て、聞いて、覚えるのよ!と周囲が熱心に応援してくれています。なんとまぁ温かい環境で、家の環境も素晴らしく、海外生活の第一歩は非常に恵まれたな、と思っております。
わたしが住んでる家は、門を開けると10件の家がぐるりと庭を囲んでおり、半分が一軒家、半分がアパートで1日1回は必ず誰かに会う構造。誰かに会うと言うことは、少なくともフランス語の挨拶、そして少しだけ会話があったり。こう言うのは自分の為になるので嬉しい環境であります。

ちなみに、日本人の友達達の第一歩の家探し苦労話を聞くと、特にそう思います。日本人に紹介されたのに家が本当に酷かったとか、仲介人に気に入られないといい家を紹介してもらえない、広告と全く違う、とか。勿論そんなお話ばかりではないのですが、そういったケースが多々あるのも事実。

そして🌹

もう始まっていますが、ジャポニズム2018。今年は日仏交流160周年と言う事で、豪華な出演者達であります! 歌舞伎、能、お芝居から日舞、音楽などなど。わたしが予定しているのは、以前YouTubeチャンネル「舞子の部屋」にも出て頂いた役者のマメ山田氏がお芝居で来るので、マメちゃんを観に(会いに)、そしてテクノ部門では石野卓球を聴きに🔥(昔から大ファン)
野村萬斎氏も来るので、観に行きたいのは山々ですが…現在悩み中であります(こちらも昔から大ファン)。

ジャパンエキスポは知っていたけど、ジャポニズムはこちらに来てから知りました。
素敵な文化交流ですね🇯🇵🇫🇷

わたしはまだしばらく仕事が出来ない状況なのと、現在フランスはビックサマーホリデー。7〜8月の2ヶ月はパリっ子達がリゾートに出かけて少しだけ街中が静かになります。ヨーロッパのバカンスは長いですからね。わたしの友達も、近所の人達も、この時期はおりません。凄く静かな我が家の周辺…🙄
わたしは夏のバカンスが苦手なので、夏は学業に励み、年末年始にホリデーを満喫しようと予定中。

仕事はしていませんが、やる事も多く、忙しい日々を送っております。

とは言っても、東京の忙しさと違い時間や気持ちに余裕のある忙しさと言った所でしょうか。こちらは現在、陽も長いですしね。
(陽が落ちて暗くなるのは夜22時過ぎ)

フランスに引っ越して来てまだ2ヶ月も経っていませんが、ビバヨーロッパ!と日々楽しんでいます。こちらに来る前の日本では、ネガティブな事を散々!言われましたが、わたし自身は来てよかったと思っています。今は勿論だけど、来年もそう思えてるだろうなと若干の確信も持ちつつ。

それではまた近々お会いしましょう。A bientôt!💋

 

ミラクルな体験と日々。

フランスは快晴な今週、湿気がなくカラリとしていて過ごしやすいですが、日差しが本当に強い!

皆さまこんにちは。

日差しは強いけど、日傘なんてさしてる人は誰一人としていないフランス🇫🇷(ちなみに日よけの帽子もほぼいません)。そもそも日差しに対しての文化が違うのです。日差しに対して、ではなく正確には気候や仕事・ホリデーに対する文化が大幅に関係しています。

暗くて長い冬季が明けて来て(グレー空のパリ、と有名ですね)、やっほーいとなる春〜夏。皆さま肌寒い時期からでも太陽を浴びにあちこち出没します。
そして夏には大型ホリデー(1〜2ヶ月)があり、色白=バカンスに行けない人=可哀想、と言う風潮があります。現にパリジェンヌの友達にも聞かれました。

🇫🇷舞子はどうして焼かないの? フランスでは(ヨーロッパ)色白は可哀想な人なのよ。
🇯🇵はーい、知ってるよ! でもわたしは色白が好きなの。日に浴びるのは好きだけど、日焼けはしたくないのよ。そして自分の仕事の為にもね。

と言ったら納得していました。そんな彼女も全体に黒子が多く、医者から日焼けのストップがかかって、悲しいわ、と言ってたんだけどね。

そんなわたしはひたすら地味に日焼け止め、羽織物、飲む日焼け止めで毎日対応しています。とは言え、完全防備だった日本の時と比べたらうっすら日焼けしてると思いますけどね。

 

さて先日、とてもミラクルな事が起こりました。Twitterでは呟いていたけど、なんと日本の大スターであるユーミンこと松任谷由実さんとパリでご一緒すると言う貴重な体験✨

 

ベルリンに沢山の友達が住んでいるのですが、そこらかのご縁でお買い物やお食事などご一緒させて頂きました。
大ファンです!とは言えないものの、誰もが知ってるユーミンとあらば、歌謡曲を聴かないわたしでも大興奮🔥 認知度の高さと言ったら、大体みんな最低でも1曲は知ってるもんね。

色々詳細は省きますが、とっても心が広く探究心の強い、そしてユーミンはとても素敵な方でした🇯🇵

いくつになっても、人間学ぼうとする心意気は本当に大事ですね。

色々な方に感謝、どうもありがとうございました🌹

そんなミラクルを後に、なんとトーチャーガーデンJapan のDJのリンコ氏までパリに!

飲んで食べて、合流した日はパリのFête de la muisiqueと言う音楽祭。夏至のこの日はフランス全土、至る所で音楽を楽しむ夏の夜長イベントが行われました。クラシックやジャズ、ロックやライブ、DJなどなど。クラシックが生で聴きたくてシャンゼリゼに見に行ったんだけど、時間通りに進まないのがフランス。スケジュール時間よりも大幅に押してたので、断念しました。

場所にもよるけど、どの道にも人が多く、盛り上がりが凄まじかった! しかもみんな外!

よく見ると靴が(笑)。

日本からの有名なDJはKO KIMURA、DJ テイトーワでした。呑んでは踊りまくった夜。しかも夜が更けるにつれて人が多くなり、わたし達がいた街では歩くのも困難な程の人!
一番盛り上がってるであろう24時位に、わたしたちは帰りましたが…😂

 

そしてつい先日は、パリで行われたレインボーパレードMarche des fiertés LGBT=LGBTプライド・パレード🌈 

当日スタート時は動けないほどの人、人、人!

メッセージ性は全体的に日本よりも強いのですが、ストップ自殺などのメッセージがあったり、途中考えさせられました。

普段、街中で走ってる市営バスなども出てました。物凄くピースフルだけど、40年以上に渡りレイシストと戦ってきた、と言うメッセージにはぐっと来るものがあります。

わたしは宗教や性別、性癖などに差別がない為、お友達と参加。昔日本のゲイパレードも2回参加してたけど、規模の大きさ、人の多さに圧倒されつつ、読めないフランス語だけどメッセージは色々読んできました。楽しむのも大事だけど、学ぶ事がとても大事。また来年も行きたいと思います。

パリは連日猛暑だったなー(まだ続くけど)。パレードの日なんて、カンカン照りでスタート時にはもうみんな汗だくだったものね。夜の18〜20時位になってようやく涼しくて過ごしやすくなる感じです。サマータイムで日が長〜いのは嬉しいけど。

そんな最近でした。パリは連日も週末もイベントやフェスがい〜っぱい! もうすぐわたしの長かった夏休みが終わるので、さらに満喫したいと思います🌹

また近々お会いしましょう! A bientôt!

 

 

 

舞子の部屋12🌹美術家:ヴィヴィアン佐藤氏✨

YouTubeチャンネル、「舞子の部屋」の更新です。

皆さま、こんにちは🌹

この回で日本で撮り溜めした分が終わり、次回から舞台はフランスに移ります。こちらのゲストや場所などもどうぞお楽しみに🇫🇷

 

第12回目のゲストは、美術家であり、非建築であり、ドラァグクィーンでもあるヴィヴィアン佐藤先生です✨

 

 

如何でしたか?

この撮影日、実は5月の大雨の日でした。ほんのり寒くて、ザーザーと大雨が降ってたのよねぇ…。
わたし寒くて首にスカーフ巻いてますもの!(笑)

でも呑みながらお話させて頂き、とっても楽しかった思い出が。しかもおヴィヴィ様、この日はかなりご多忙の中お時間作って下さいました。勿論撮影後の呑みもご一緒しましたよ。

日本での締めくくりがおヴィヴィ様だなんて、なんたる光栄でしょう🌹

ヴィヴィアン佐藤FB:https://www.facebook.com/vivienne.sato
伊勢丹浴衣:https://www.youtube.com/watch?v=yqo-H6oWymU

🍷撮影させて頂いたゴールデン街の自然派ワインバー
(おヴィヴィ様常連)

「pitou」

〒160-0021 東京都新宿区歌舞伎町1丁目1−7 新宿ゴールデン街花園五番街

Tel: 03-3208-5405

ちなみに。わたくし赤ワインがヘビーで苦手なのですが、このお店で頂いた赤ワインはとても美味しかったです。防腐剤入ってないからでしょうか? ワイン好きにはオススメのお店です🍷

おヴィヴィ様、ご多忙の中どうもありがとうございました!

また近々お会いしましょう🌹 A bientôt!

拠点が変わると言う事。

日本は梅雨入りしたと聞きました。

皆さまこんにちは。お元気ですか?

フランスに梅雨はありませんが、同じような時期に雨が続いていたりします。そして朝晩は油断しているとまだまだ冷えます。わたしは夕方からのお出掛け時、コートを持参してますもの。

来週位から晴れるみたいだけど、さすがグレー空の国🇫🇷 (でも例年より寒いみたい)

7月からバタつくので、6月一杯は何もしないと決めてるけど、なんとなく毎日用事があって出かけております。

銀行口座作りに行ったり、移民局手続きしたり、日本で言うパスモ的カードを作りに行ったり(観光用はすぐ作れるけどわたしは3回行った)、届いていない荷物×4の掛け合いを毎日してたり、ジム通いを始めたり、現地の友達に会いに行ったり、夜遊びしたりetc…..。

何処の国もいままでは観光でしか行っていないので、住むとなると当たり前だけどやる事が沢山ありますね。

そして一番大事な言語、こちらも日々勉強中。

こちらに来る前にひとしきり色々調べて来たけど、それでも毎日必要な事を調べては出掛けて。新しく行く所は事前にお店や地区や危険度を調べたり。想像はしてたけど、拠点が変わると言う事は、住む国が変わると言う事はこう言う事なのだな、と一人実感した日々を送っております。

毎日沢山の方々と食事をし、週末はさらに多くの人達が集まって食事と会話をし(勿論皆さんフランス語)、近所の果物屋さんのおじさんと仲良くなったり(いつもその場で色んな果物食べさせてくれる)、毎日毎日誰かしらと取るコミュニケーションを楽しんでます。環境の変化を楽しんでる、と言う事なのかしら。とにかく充実しています✨

日曜日は一人ぶらぶら公園に行って、ゴロゴロしながら本読んで過ごしてリフレッシュ。
(日曜日はスーパーなどほとんどのお店がお休み。レストランはやってます)

日本と比べたら不便な事も沢山あるけど、それ以上のものがこちらにはあります。

(わたし基準)

おまけ。

友達にプレゼントされたドイツの撃退スプレー🇩🇪  なんと15m飛ぶんですって!

使わない事を願っていますが、早速バッグに忍ばせてます。Merci🌹

そして、日本から送金してくれたり、救援物資を送って頂いたり、プレゼントを頂いたり。お世話になった上に感謝の言葉もありません。皆様、本当にありがとうございます。

しばらく近況や生活ブログの様になってしまいますが、色々綴って行けたらと思っています。

でもしばし踊ってないから、早く踊りたくてウズウズ(衣装がまだ届いてないの…)。

それではまた、近々お会いしましょう🌹 Abientôt!🇫🇷

舞子の部屋11🌹BabyDollTokyoのマダム:緑川ミラノ女史✨

youtubeチャンネル「舞子の部屋」の更新です。

皆さまこんにちは。

海外に行ったら「舞子の部屋」はどうするの?とよく聞かれましたが、少しだけ撮り溜めもあり、のんびり続けて行きたいと思います。

 

第11回目のゲストはコルセットの第一人者であり、原宿にあるコルセットやアクセサリー、セレクトなど個性的な商品を置いてる「Baby Doll Tokyo」のマダム、そしてもうすぐママになる緑川ミラノ女史です✨
(とっても貴重な身重動画💕)

 

如何でしたか? ミラノ氏とのお付き合いも20年程になって参りました。お付き合いが長くなってくると、今現在のお付き合いがさらに楽しくなってくるものです。

ミラノ氏はこれから(と言うかもうすぐ!)お子様が産まれますが、何卒無事に元気な子を産んで欲しいものです🌈 産んで少しお休みしたらまたお店に戻るかと思いますので、その際は皆さま、どうぞBaby Dollまでお出かけしてみて下さいね。初めてのコルセットを検討中の方は、直接会って色々アドバイスもらうのが懸命かと思います。貴方だけのコルセットを見つけてみて下さいね👠

 

Baby Doll Tokyo HP

Twitter

Baby Doll Tokyo Instagram

 

この回は終わるまで結構ハラハラだったけど、無事に終わってよかったです。

ミラノちゃん、身重な中出演してくれてどうもありがとう💋

それではまた近々お会いしましょう。A bientôt!🇫🇷