2017-10

ベルリン旅行記1。

ベルリンは丁度冬入りし、一気に冬モード。

来てから1週間位は温かかったけど、後は徐々に寒い日が続いております🇩🇪

今回持ってきた洋服の半分は秋物で、失敗した〜。さ、寒い!(コート買いました)そんなベルリンからの更新です。

皆さま、こんにちは。3回目のベルリンでまさか帰りの飛行機がなくなるとは…!

その話はまた後ほど🌹 今回は来て早々週末だったので、クラブへレッツらゴー!💃🏻

わたし、見かけとは裏腹に長年のテクノ好き。

東京でもごくたまに勿論行きますが(テクノのみ)、昔からの箱があちこちでなくなってしまい行きたい所が減ってしまってました。去年初めてベルリンに来て感動したのはクラブカルチャーの圧倒的違い。沢山のクラブがあって選択肢があり、週末なんてほぼ24時間やっている。そして電車も24時間走っている! 3日連続でパーティーをやってる所も多々あるそうで。それだけ人も来てるし、凄くクラブカルチャーだなと感動したんだよね🌹 しかも年齢層も幅広いし大人も普通に楽しんでいて、物凄く居心地がいい。あとは音が、テクノが圧倒的にかっこいい。流石テクノの聖地、ベルリンだとしみじみ思ったよ🇩🇪

ベルリンには長いお付き合いのクラブ友達も沢山いて、超多国籍で気が楽なので、わたし的にザ・ホリデータウンなのです。これは川沿いにあるクラブ。近くに何件もあるのよ。今回行った回数は5回。行きたい箱でいいイベントの日がなかったのが残念。ベルリンでいいイベントの日に当たってないわ〜😂 でも今回、地元民が集まる素敵なクラブを教えてもらったの。廃墟的な場所で周囲は真っ暗。でも道を進んでいくと凄く古い倉庫の様な所からうっすら音が聞こえて来るんだよね。大きくて薄暗くて。場所的にここはかなりツボでした。

遊んだ翌日はチルアウト。滞在場所の近くに大きな湖と公園があるのでお散歩。来始めは丁度紅葉のタイミングでとっても綺麗だし、いいお天気続き☀️

ドイツは食べ物が美味しくないと聞きますが、ベルリンは多国籍料理が集まっていて、選べるし食材が美味しいです。あとはハーブや紅茶の種類が沢山あり、咳が止まるハーブティーなど、実際に飲んでたら効き目がありました。とってもナチュラルヘルシー。オーガニックやビーガン文化もかなり進んでいるので選択肢が沢山あるのがとっても嬉しい。魚屋さんや肉屋、パン屋などが集まってるマーケット。中央では新鮮で出来立てのイタリアンや魚が食べれるんだけど、これが凄く美味💕 サイズは大きいけどね。

今回はポツダム宣言の地、ポツダム観光へも。

船に乗ったり馬車に乗ったり、ザ・観光〜♨️

ベルリンに住む日本人女性達と恒例の食事したり(プロのビーガンシェフ手作り。わたしはビーガンではないけど美味しいよ)、

蚤の市行ったり、

多国籍料理を満喫したり。大きさ比較で長財布置いてみた。わたしは旅行はとても大好きだけど、その時その時の目的を3つ以上作らない様にしている。短い滞在なら別だけど、長い滞在の時は余裕を持って休む時間も作る。そして無理をしない。以前海外行った後に病気になって懲りたのよ…(原因は違うんだけど)。でもその辺から食事に気をつける様になったのよね。身体が壊れたら動けないもの。

今回気を付けてるのが、食事。前回来た時に太ったのと胃が疲れたので、今回は量を思い切り減らして自炊も少し🍙 お粥がマイブームなのでよく作ってます。寝起きお粥は温まるし超オススメ✨そんなベルリン、後半に続くよ〜!🇧🇪 💕

See you next time・Lass uns uns wiedersehen.

また近々お会いしましょう。

Posted on 2017-10-30 | Posted in 旅行Comments Closed

 

舞子の部屋4🌹ゲスト:デザイナー&御守りコレクター:林直岳氏

紅葉の美しいドイツはベルリンからの更新です🇩🇪 いかがお過ごしですか?

皆さま、こんにちは。

(ベルリン旅行記はまた来月に🌹)

今回で4回目のゲストとなります。月に1度の更新…と思っていたYoutubeチャンネルですが、年内にご招待したい人数が多く、少しだけ詰めてお届け。

このシリーズは様々な業種の個性的な交友関係、そして基本はわたしが好きな方、リスペクトしてる方をお呼びしております💖

本日のゲストは最近とっても素敵なわたしの名刺を作って下さったデザイナー&日本で唯一の御守りコレクターでもある林直岳氏のご登場。ナイスキャラクターと独特の光るセンスが魅力的です。

如何でしたか? 今回はいつもに増してあっという間の30分でした。林直岳氏の光る頭…ではなくて光るセンスが覗けるHP。御守りの着せ替えLINEやTシャツ販売もしているので、是非覗いてみてね💋

デザイナー・林直岳のHP

http://sasugadesu.com

御守りコレクター・林守が贈る、日本最大級の御守りサイト。

omacolle.com

http://www.fetishdolce.net/有難屋:ちょいとおめでたい縁起物屋

arigataya.tokyo

撮影協力店:六本木フェティッシュバー「Dolce」

舞子の部屋4回目のゲストは、デザイナー&御守りコレクター:林直岳氏でした!

Thanks for なおちゃん&薫さん 💥

次回の更新は11月になります。どうぞお楽しみに💋

Posted on 2017-10-18 | Posted in 舞子の部屋Comments Closed

 

PVのお話。

来週の今頃にはベルリンにおります。4月ぶりなので、凄く楽しみ〜💥 今回はあちこち行くつもりなので、11月のベルリン後記をどうぞお楽しみに💋

皆さま、こんにちは。

前回更新した、舞子の部屋3は見て頂けましたでしょうか? トーク中に出たフランス人映画監督、Guillaumeが作ったPVをご紹介したいと思います。とは言えもう4年前の作品。あっという間だな〜。

Limitor 666 By Ottokraft in France

Written&Directed by Guillaume Tauveron

Actors: Mari Yoshida,Keisaku Kimura,Maico Tsubaki,Guillaume Tauveron

この撮影はSMバーで行われたのですが、4人しか出演者がいなく、カメラはGuillaumeだけ。PVにしてはとても珍しく少人数で静かに行われたのを覚えています。

出演者は女優の吉田まりさん、俳優の木村圭作さん(木村さんはVシネなどにも出演中、知る人ぞ知る名俳優さん)、お2人はGuillaume監督作品:beyond the bloodにも出演しています。実力派の2人に囲まれて、わたしは指示通りに踊っただけですがとってもいい刺激になり、楽しかったんですよね🔥🔥

またPV出たいな〜。

そしてもう1本、こちらは最後に出たPVではないでしょうか。

石崎ひゅーい 「僕がいるぞ!」2015年

監督:フカツマサカズ

これは撮ったのが確か冬で…とっても寒かった記憶があります。何箇所か出ていますが、見つけられましたか?(非常に優しい問題ですね)✨
わたしも後から知りましたが、石崎ひゅーい君は今売れ売れの実力派シンガーです。とってもいいシンガーだと思うので、この撮影後はちゃんと曲も購入しました💥 これからも是非頑張って欲しいものです😌
PV撮影って、かかる時間も長いし待ち時間も長いし、環境も割とシビアだし過酷と言えば過酷なのですが、何故か憎めません。

楽しんで頂けましたか?💋

また近々お会いしましょう。
Posted on 2017-10-06 | Posted in ParformanceComments Closed

 

ショーのマナーのお話。

すっかり秋に突入しましたね。この時期の果物が並んでるのを見て嬉しく思いました🌰 わたしは季節の野菜や果物を必ず食べるのですが、季節の変わり目に新しい果物が並ぶと、なんだかわくわくするものです。

皆さま、こんにちは。本日はショーの時のマナーについて、書きたいと思います👹

これ、地域や踊る場所によってお客様の層がガラリと変わるので、全てのお客様ではないのですが触ろうとするお客さん、これは一番アウトですよね。稀に衣装を引っ張ったりする方もいますが、これも勿論アウト! 壊れたら弁償、ではなくて作った手間賃と時間も換算してやる!となります。衣装にはくれぐれもお手を触れませぬ様。

お行儀のいい地域でこの話をすると、そんな野蛮な人いるの? 風俗に行けばいいのにね、と驚かれますが、どれだけ時代は移り変わろうと、これは存在するかと思います。

なんでしょうか。

脱いでるので触ってもいいでしょ?と言うとても勝手な理屈😡
では家を建てた人に、家を建ててくれたからオマケでもう一軒小さくていいから建ててよ。何でもいいからさ。いいじゃん、ついでだよ。
他の仕事に例えてみると、あら不思議。とっても失礼極まりないを通り越えて、とんでもなく常識が外れた人ですよね。
いえいえ、それは違う職種でわたしどもはそのサービス、やっていないんです。
え? 何で? 脱いでるのに? じゃあお金払えばいいんでしょ? いくら?

そういうお話ではないんですよね🙄 お金を払えばいいと言うものでも全くもってございません。逆に触れないならチップあげたくない、とも言われますが、そう言う時わたしは頂きません。

触ろうとする前に言われれば断れますが、いきなり触って来る方も勿論いますよね。あとはチップも出さないけど触りたい人とか。この辺は論外、ソープかヘルスにドウゾ!💥

わたし普段はとっても恵まれていて紳士達に囲まれている分、そういった方々と接触するとなんだかとっても悲しくなってストレスが溜まるんです。実はこれ、都会ではほとんどありません。皆無かもしれない。都心部やきちんと整備された地域で踊る時は、どんなに狭くて近かったとしても決して触れられない事。当たり前の事なんですが、これって本当に素晴らしいし、そういった場所でのショーは心底力が入ります。プロをプロとして見ているか。

でもショーをショーとして扱わない方も勿論いらっしゃるので、仕方ないと言えば仕方ないのですが、裸のお仕事とはいえ、立派なショーであります✨
見方は個人の自由ですが、紳士たるものくれぐれもマナーは守って頂きたいものです🤗

あ、でも女性でいきなり触る方も稀にいますが(これが結構エグイ)、これもとっても!失礼にあたりますのでお気をつけ下さいませ。

昔、ストリップ劇場でよく流れていました、このアナウンス。

「踊り子さんにはお手を触れません様、どうぞよろしくお願い致します」💃🏻💥

 

また近々お会いしましょう。

Posted on 2017-10-04 | Posted in ParformanceComments Closed